歯ことば

2018.05.20更新

矯正装置の一つで、頭につけたキャップと顎につけたキャップから構成されます。顎(chin:チン)にキャップを付けるので、チンキャップと言われます。また、下顎のオトガイに装置をつけるので、オトガイ帽装置とも呼ばれます。


まず、頭にキャップを被り、下顎の先にキャップを付けます。頭のキャップと下顎のキャップはゴムでつなげます。このゴムによって、下顎に後方への力が働きます。


主に成長期における受け口の治療などに使用されます。下顎の成長を抑制したり、下顎の位置を後方に下げる効果があります。

投稿者: 神谷デンタルクリニック池袋医院

2018.05.13更新

頭に付けるタイプの矯正装置です。頭にキャップをかぶるので見た目に目立ちます。あえて頭に装置を付けるのは、後ろ方向へ動かす固定源作るためです。


出っ歯傾向のときに上の顎の成長を抑制したり、上の奥歯の位置を後ろに下げて、前歯を内側に引っ込めるために使用されます。装置は頭につけたキャップと、上の奥歯につけた装置をワイヤーで結ぶ構造になっています。これで、顎や歯に後方への力がかかります。

投稿者: 神谷デンタルクリニック池袋医院

2018.05.06更新

歯と歯の間を磨くには、歯ブラシだけでは難しいです。そこで、補助的に歯間ブラシやデンタルフロスを使います。デンタルフロスはドラックストアでも様々なタイプのものが販売されています。


糸巻き型やホルダー型などがあります。糸巻き型はフロスを必要な量だけ引き出して指に巻き付けます。巻き取ったフロスを歯と歯の間に押し付けるように上から下へ動かします。汚れがついたら、フロスを指に巻取り、きれいなフロスで再度、歯と歯の間を清掃していきます。

ホルダー型のものは最初からフロスがついているので、手でホルダーを持って歯と歯の隙間に押しあてます。


フロスにはワックスが付いているものが多いです。これは、清掃性の向上させるためです。最近はミントなどの香りつきのものも多くなっています。

投稿者: 神谷デンタルクリニック池袋医院

2018.04.29更新

ドラッグストアには歯ブラシと並んで、様々な歯間ブラシが販売されています。形状、素材も様々なものがあります。それぞれに適した使い方があります。

 

形状はストレート、L字型、カーブのあるものがあります。スレートは前歯に、角度のあるものは奥歯に向いています。少し曲げたり、持ち方によって口の中全体に使うこともできます。


素材は金属にブラシがついているもの、シリコン製、ナイロン製などがあります。耐久性や清掃性、歯茎へのあたり具合に違いがあります。耐久性の低いものは早めの交換が必要で、高コストになることがあります。自分にあったものを探して試してみるのもいいでしょう。


歯周病で歯茎が下がって隙間が大きくなった、ブリッジを入れている、矯正中で歯と歯の間に隙間があるようなときは歯間ブラシで歯と歯茎の境を清掃することも大切です。

投稿者: 神谷デンタルクリニック池袋医院

2018.04.22更新

多めに矯正することを、矯正歯科ではオーバーコレクションとといいます。では、なぜ、矯正歯科ではオーバーコレクションを行うのでしょうか。本来、1番いい状態で矯正を終わりにした方がいいように思いませんか。

矯正歯科では後戻りすることが多くあります。そのため、後戻りを予測して歯を予め余分に動かすのがオーバーコレクションです。内側にあった歯は矯正で外側に移動しても、また、内側に戻ることがあります。なので、少しだけ歯を外側に多めに動かすような、オーバーコレクションが行なわれます。

投稿者: 神谷デンタルクリニック池袋医院

2018.04.15更新

思春期に急激に成長することを成長スパートといいます。この時期に、身長が大きく伸びることなどが特徴です。女子では小学校高学年、男子では中学生頃におこります。個人差もあります。


成長スパートの頃に上顎の骨は概ね成長が止まり、下顎の骨は成長が始まります。顎の骨の成長は矯正治療の開始時期を決める上で、基準となります。


親指の根元(人差し指側)にできる、母指尺側種子骨という骨があります。この骨は思春期の成長スパートと同じ時期くらいに出現します。レントゲンから成長スパートを知る指標になります。

投稿者: 神谷デンタルクリニック池袋医院

2018.04.08更新

矯正治療では補助的に小さな輪ゴムを用いることがあります。このゴムのことを顎間ゴム(エラスティック)といいます。歯を動かすときに補助的に力をかけたり、顎の位置を誘導することで咬み合わせを調整するために使用されます。


出っ歯のときは上の前歯を後ろに下げ、下の顎を前に出すようにゴムをかけます。上の犬歯と下の奥歯ににゴムをかけることが多いです。マウスピース矯正ではゴムを引っ掛ける突起を作ることもあります。


反対咬合のときは出っ歯のときと反対で、下の前歯を引っ込め、下顎を後ろに引くように力をかけます。なので、上の奥歯と下の犬歯にゴムをかけることが多いです。


ゴムは、患者さんが自分で毎日、交換する必要があります。患者さんの協力が重要です。小さいゴムなので、慣れるまでは難しいことも多いです。

投稿者: 神谷デンタルクリニック池袋医院

2018.04.01更新

矯正治療終了後の歯は治療前の位置に戻ることがあります。これを矯正治療では後戻りといいます。特に矯正治療が終了して、すぐのときは注意が必要です。まだ、周りの骨が完全に固まっていない状態なので、歯が動きやすいです。


そこで、装置を用いて矯正終了時の状態を維持することが欠かせません。矯正終了時の状態を維持することを保定といいます。また、このときに使う装置を保定装置といいます。装置の種類は固定式のもの、取り外し式のものがあります。しっかりと保定装置を使うことが大切です。


舌の癖がある方は歯を動かすリスクがあるので、保定を長めに行う必要があります。

投稿者: 神谷デンタルクリニック池袋医院

2018.03.25更新

クロスバイト、すれ違い咬合ともいいます。通常の咬み合わせと違って、水平的な歯の咬み合わせが逆になった状態です。


通常の咬み合わせでは上の歯が下の歯を覆うような咬み合わせをしています。上の歯は少しだけ、下の歯より外側にあります。それに対して、交叉咬合では下の歯が上の歯を覆うような咬み合わせをしています。


交叉咬合が奥歯におきても、見た目に影響をすることは少ないです。しかし、奥歯の咬み合わせが悪いので、しっかりと食べ物を咬めない、顎の関節に負担がかかるなどの不都合が生じます。矯正治療をした方がいい場合もあります。

投稿者: 神谷デンタルクリニック池袋医院

2018.03.18更新

矯正治療でも、手のレントゲンを撮影することがあります。それは、手の骨の成長を知ることで、成長の度合いを知ることができるからです。


親指の根元(人差し指側)にできる、母指尺側種子骨という骨があります。この骨は思春期の成長スパートと同じ時期くらいに出現します。


母指尺側種子骨の出現は、顎の成長を予測する判断材料になります。矯正治療では顎の成長によって、治療方針が決まることがあります。

投稿者: 神谷デンタルクリニック池袋医院

前へ